工藤阿須加が彼女とお泊りデートで結婚間近?テニス歴がすごい!

工藤阿須加プロフィール

生年月日 1991年8月1日
出身地  埼玉県
血液型  B型
職業   俳優
代表作  ルーズヴェルト・ゲーム、偽装の夫婦、家売るオンナ、海月姫、未解決の女 警視庁文書捜査官 etc

今回は、俳優の工藤阿須加(くどう あすか)さんについてご紹介します。

2012年、ドラマ『理想の息子』で俳優デビューし、立て続けにドラマに出演するようになります。

『ルーズヴェルト・ゲーム』で社会人野球部の投手・沖原和也役を演じ話題となりました。

その後も数々のドラマや映画に出演し、2018年10月からは日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』の水曜パーソナリティーを務めています。

 

 

工藤阿須加が彼女とお泊りデートで結婚間近?

工藤阿須加さんとタレントの関戸優希さんが、深夜に密会している様子が報道されました。

関戸優希は2005年、「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」で準グランプリを受賞した方です。

5年前に地元の名古屋に帰郷し、結婚をして2児の母となりましたが、芸能活動を諦めきれず、上京して仕事を続けているそうです。

夜8時頃、都内の飲食店で5、6人と食事をしていた工藤阿須加さん。

この日食事を済ませた関戸優希さんは子供を家族にあずけ、工藤阿須加さんと友人の3人でバーへ移動しました。

その後深夜2時半頃、先に店を出た関戸優希さんは1人で工藤阿須加さんの自宅へ帰宅し、そのすぐ後に時間差で工藤阿須加さんも帰ってきたそうです。

関戸優希さんの所属事務所によるとすでに離婚したそうなので、不倫ではないみたいですね。

しかし、工藤阿須加さんには交際2年ほどの恋人がいたはず・・・まさかの2股疑惑ですね。

どちらかと結婚、なんてことになるか今後の動向に注目ですね!

 

 

テニス歴がすごい!

工藤阿須加さんは、小学校5年生のときにテニスを始め、この時からすでにプロを目指していたそうです。

父の工藤公康さんが、巨人軍に移籍した頃からテニスにのめりこんでいったとか。

そして、最初は大阪府の長尾谷高等高校に進学し、テニス強豪高でプレーし始めますが、高校1年生の時に事件が起きます。

それは右肩の故障です。

後に工藤阿須加さんのお父さんが明かしていたようですが、工藤阿須加さんが練習をしすぎてしまったようで、オーバーワークによる故障だったそうです。

医師の診断によると、工藤阿須加さんの肩はそのまま続けると一生テニスができなくなるほどギリギリの状態だったようです。

工藤阿須加さんはこの故障でかなりショックを受けて、テニスを続けられないことに絶望を感じたそうです。

どうしてもテニスを諦められず、結局肩の痛みと闘いながら練習を続けていったそうです。

しかし、さらに追い打ちをかけるように疲労性の目まいで入院することになってしまいました。

さすがに両親は、「これ以上テニスを続けると、学校に迷惑をかけることになるからやめるしかない」と工藤阿須加さんに伝えたそうです。

そして、千葉県の東京学館高等学校に転入します。

工藤阿須加さんの在籍する高校は強豪校ですので、自身の高校内での代表になるだけでも大変なことだと思います。

そして、関東大会でも相手に勝利する工藤阿須加さんの実力は相当なものです。

そして東京農業大学では部活に入らず、早大の「早大マッチポイント」というサークルに所属していました。

工藤阿須加さんはテレビ番組で「サークルで日本一になった」と話しており、恐らく全日本学生庭球同好会連盟主催のFesta と呼ばれる大会だと思われます。

Festaは毎年7月に行われるテニスサークルの全国大会になります。

工藤阿須加さんが所属する早大マッチポイントは、この大会で優勝しています!

それにしても日本一は本当に凄いです!

そして、プロテニスプレーヤーになるのをあきらめた際、じっくり考えた結果、小学校から興味があった役者を目指すようになったそうです。

 

 

 

父親の工藤公康が再婚したって本当?

工藤阿須加さんの父親である工藤公康監督が再婚しているとの噂があります。しかしこれは、結論からするとデマのようですね。

工藤公康監督の妻・・・つまり、工藤阿須加さんの母は一般人で、結婚前は栄養士として働いてました。

結婚当初かなり食生活が乱れていた工藤公康監督は、医者からも改善するよう注意されていました。

そして結婚してから奥さんはバランスのとれた食事を用意し、そのおかげで47歳まで現役を続けました。

なぜ再婚などという噂が広まったのでしょうか?出どころを調べてみましたが、分かりませんでした。

 

 

 

妹がいる?兄弟構成は?

すごいテニス歴を持っている工藤阿須加さんですが、妹はなんとプロゴルファーだという情報がありました。

名前は工藤遥加(はるか)さんというプロゴルファーです。

ツアー優勝こそありませんが、2011年には、「LPGA新人戦 加賀電子カップ」で優勝をした程の実力の持ち主。

2017年12月の時点で、生涯獲得賞金3,572万円と活躍しています。

プロスポーツ選手として活躍できる才能は、やはり父親から受け継いでいるのでしょう。

妹さんもアスリートとして頑張っているのですね!

また、工藤阿須加さんはなんと、5人兄弟の長男だったのです。

妹・弟は、遥加(はるか)・阿弥加(あやか)・阿偉(あい)・拓也(たくや)の4人です。

工藤阿須加さんは長男として育ったからか、かなりしっかりしている雰囲気ですもんね。末っ子である工藤拓也さんは、兄弟で唯一野球をしています。

怪我でテニスをあきらめかけたり、転校したり苦労も多くあったようですが、その経験が今に生きているようです。

 

 

 

高校や大学学部はどこ?

工藤阿須加さんは埼玉出身ですが、高校は千葉県の私立東京学館高等学校を卒業しています。偏差値は40~61と学部によって大きく差があるようですね。

スポーツのほうで入学となると、偏差値は低くなりますが特進クラスだと偏差値は高くなります。

工藤阿須加さんはかなりテニスをされていて、スポーツマンなのでスポーツのクラスだったのかもしれませんね。

大学は東京農業大学に進学しており、偏差値は高校と同じくらいで40~55となっています。

大学でもテニス部に所属されていて、一時はプロを目指したほどの実力がありましたが、腕を故障したため断念したそうです。

 

 

この辺で工藤阿須賀さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。