三浦春馬の結婚相手は誰?歴代熱愛彼女がすごい?本名は何ていうの?

三浦春馬プロフィール

生年月日 1990年4月5日
出身地  茨城県
血液型  AB型
職業   俳優
代表作  14才の母、ごくせん、ブラッディ・マンデイ、サムライ・ハイスクール、大切なことはすべて君が教えてくれた、ラスト♡シンデレラ、僕のいた時間、わたしを離さないで、おんな城主 直虎、オトナ高校、キャッチ ア ウェーブ、恋空、君に届け、永遠の0、進撃の巨人銀魂2 掟は破るためにこそある etc

今回は、俳優・三浦春馬(みうら はるま)さんについてご紹介します。

4歳の頃から児童劇団に所属し、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューした三浦春馬さん。

2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演を務め、同年ドラマ『14才の母』でヒロインの恋人役を演じて注目されます。

2007年に出演した映画『恋空』で日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞し、ブレイクします。

その後、2009年には2クール続けて連続ドラマの主演を務めるなど勢いにのります。

現在もさまざまな作品に出演している実力派俳優ですね!

 

 

三浦春馬の結婚相手は誰?

三浦春馬さんの最新彼女として噂されている三吉彩花さん。

2人は2018年5月25日、深夜デートをフライデーされています。

青山の隠れ家バーで深夜2時ごろまでお酒を飲み交わし、店を出た二人は大通りへ向かっていました。

その途中なぜか2人は再びバーへもどり、すぐ戻ってきたのですが、三吉彩花さんが三浦春馬さんのトレーナーを着ていました。

寒くなったから三浦春馬さんが着ていたトレーナーを借りたと思われますが、けっこう親密な関係ということですよね。

2人はもともと同じ事務所「アミューズ」の先輩後輩で、2013年頃から面識がありました。

2人が親密になったきっかけとしては、2017年9月におこなわれたELLE JAPAN×ルイヴィトンの「TOKYO Boy meets Girl」の撮影だと思われます。

さすがにまだ結婚という発表はないようですが、いまのところもっとも可能性があるようです。

進捗情報に期待したいですね!

 

 

 

歴代熱愛彼女がすごい?

実力派イケメン俳優の三浦春馬さんですから、過去に噂になった彼女も豪華です。

順を追ってみていきましょう。

1.新垣結衣

新垣結衣さんとは、2007年公開の映画「恋空」で共演し、2人ともまだ10代という若さでした。

一時期同棲しているとの噂までありましたが、まだ若すぎるときですし、映画の番宣説が濃厚ですね。

2.原田夏希

2人は共演したことはなかったのですが、2009年に代官山で手つなぎデートしている様子をスクープされました。

しかしその後ツーショットや目撃情報はなかったので、すぐに破局してしまったのかもしれません。

3.多部未華子

多部未華子さんとは「君に届け」「君といた時間」と共演が続いたことから噂されることがありました。

中には、多部未華子さんのマンション前で路チューしていたという噂や、撮影でパリを訪れた際に2人で過ごしていたという具体的な情報までありました。

しかし証拠写真がないので真実かは不明ですね・・・

4.蒼井優

肉食女優で知られる蒼井優さんとは2013年9月に熱愛報道されています。

早朝の公園で、愛犬をつれて散歩している様子を何度も撃されており、駒沢のドッグカフェでも目撃されていました。

実際同じマンションに住んでおり、2015年12月には情報番組「ミヤネ屋」で井上公造さんが『2016年に俳優Mと女優Aが電撃結婚する』とまで言われていました。

しかしその後、三浦春馬さんと菅原小春さんの交際が発覚し、蒼井優さんとは破局したことが分かりました。

7.菅原小春

もっとも有名な元カノとしては、ダンサーの菅原小春さんですね。

きっかけは三浦春馬さんの一目惚れで、2016年10月に菅原小春さんがインスタグラムに三浦春馬さんとのツーショットを投稿し炎上します。

しかし、2017年2月14日に菅原小春さんが再びツーショットを投稿します。

強気な様子でしたが、三浦春馬さんとしてはこの強すぎる性格についていけないと別れを希望していたようです。

こうしてみるとかなり豪華な歴代彼女ですね!

 

 

本名は何ていうの?

三浦春馬さんの本名は「笹本春馬(ささもと はるま)」というようです。

卒アルの写真もあるそうで「笹本」なのは間違い無いと思われますが、ネット上では小学生のころに、笹本ではなく三浦だったという情報もありました。

母の旧姓が三浦で、三浦春馬さんの父親と離婚したあとに再婚した相手が「笹本」だったとか。

そのため、中学生~現在は笹本が本名だというの説が有力です。

なので、ある意味両方とも本名といえますね。

 

 

この辺で三浦春馬さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。